ハトシの紹介

ハトシ写真

「ハトシ」の語源

「ハトシ」は、「海老のすり身」などを「食パン」で挟み、油で揚げたものです。 「ハトシ」が中国から長崎に伝わったのは、明治の頃と言われています。 「ハトシ」は、長崎の料亭で卓袱(しっぽく)料理の一品となりました。 その後、長崎の一般家庭料理になります。 それぞれのご家庭での「ハトシ」は、海老に限定せず、挽き肉、魚のすり身など色々な 素材が使用されています。

長崎伝承ハトシとは

「ハトシ」の中国語表記としては、「蝦吐司」などがあります。 中国の料理名はその文字から調理方が分かるものが多いのですが、 「蝦吐司」の場合も「「蝦」が「海老」、「吐司」は「トースト」の意味があり、 素材をそのまま表した名称です。厳選素材にこだわります 。

こだわり

当店の「ハトシ」の持ち味は「素材の良さを生かす」この一点に尽きます。 そのため、当店では素材の「海老」は、なによりも、くせの無い甘さ、淡泊 な美味しさを特長として「すり身」にする物、一尾のまま、食感を大切にする物など、厳選した海老を使用しています。

ハトシの紹介

ハトシ製造工程1

次へ

ハトシ製造工程2

次へ

ハトシ製造工程3

次へ

ハトシ製造工程4

1. 甘みと旨味たっぷりの厳選海老をきめ細かく挽きます。

 

2. 石臼で滑らかになるまでじっくりとすりあげます。 海老独特の臭いを消すための生姜汁などを加え、味を整えます。

 

3. 具材となる海老は、プリッとした食感をいかすため大きめにカットします。

 

4. 具を食パンに挟み込む。微妙なさじ加減も軽快な職人技で均等な仕上がりに。

ハトシの紹介

  • ハトシを油で揚げる
  • 油をよくきる

長崎伝承ハトシの調理法

※1 調理前に必ず解凍して下さい

① フライパン又はなべに食用油を3cm程度入れ 油を165度に熱して、ハトシを入れ片面ずつそれぞれ2〜3分揚げます。

②必ず余分な油をきってください。

揚げた「ハトシ」を再加熱する場合

※電子レンジで加熱すると油がにじみ出ます。長時間加熱は固くなり、
どちらも「長崎伝承ハトシ」とは異なる物になります。
電子レンジでの加熱はしないで下さい。
① 油をひかないフライパンに「3〜4切れに切ったハトシ」を置きます。
  弱火で片面ずつ、それぞれ2〜3分加熱してください。
② オーブントースターの場合は「3〜4切れに切ったハトシ」を3〜4分加熱してください。

ハトシの紹介

※ 調理前(揚げる前)の商品をクール便でお送りします。

写真は、5個入りパック×2個化粧箱セット3250円


写真は、5個入りパック2800円

購入方法は電話・FAXで取り扱っています。購入方法・送料など詳しい内容はお申し込み方法をご覧ください。

お申し込み方法

長崎伝承ハトシの概要

賞味期限

冷凍一ヶ月
解凍後は冷蔵で4日です。

内容量

5個入

保存方法

冷凍庫で保管してください。

原材料名

海老・食パン(小麦粉・砂糖・ブドウ糖・果糖・液糖・マーガリン・食塩・乳化剤・イーストフード・V.C原材料の一部に小麦・大豆を含む)・玉葱・砂糖・生姜・食塩・醤油・清酒・調味料(アミノ酸等)

出荷団体

山ぐち仕出し店

発送地

長崎県長崎市

発送日程

最短でオーダー(ご入金確認)より4営業日後に発送できます。

備考

のしの対応はできません。
入力されても、すべて無効となります。



  • ホーム
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • リンク
  • 会社概要

  • Copyright © 山ぐち仕出し店 all rights reserved.
    山ぐち仕出し 〒850-0033 長崎市万才町10-12 山口ビル1階  TEL 095-822-1384 FAX 095-822-1553